ワキガ

赤ちゃんからワキガのニオイがする…

 

「赤ちゃんからなんかワキガのニオイがする…」。

 

これってどういうことなのでしょうか?

 

「まさかうちの子ワキガなの?」と焦りますが、それは違います。

 

 

 

赤ちゃんからワキガのニオイがするときには、お母さんが「チチガ」の可能性があります。

 

チチガとは、別名「乳輪ワキガ」とも言います。

 

ワキガの原因となるアポクリン腺は、ワキだけではなく実は乳輪にも存在するのです。

 

乳輪以外にも陰部にもあり、陰部からニオう場合には「すそワキガ」と呼ばれます。

 

 

 

チチガの原因もワキガ同様にアポクリン腺に集まった雑菌によるもので、妊娠や出産とともにひどくなる方もいます。

 

ワキガのニオイはないのに、チチガのニオイがするという人もいるんですよ。

 

 

 

チチガはどんなニオイなのかというと、玉ねぎのツーンとしたニオイのような何とも言えないくささで、なかにはパートナーが離れていくほど強烈なニオイを発する人もいるんです。

 

このチチガのニオイが母乳を吸う赤ちゃんの口に移って、赤ちゃんからワキガのニオイがするということなのです。

 

 

 

「自分がチチガなのかどうか?」ということのチェックポイントは、いくつかあります。

 

  • 両親のどちらかがワキガ
  •  

  • 耳垢が湿っている
  •  

  • ブラジャーにシミができている

 

などです。

 

チチガの場合には、乳首が苦い味がするので、自分の指で乳首をこすって舐めてみるのも1つの方法です。

 

 

 

そして、チチガもワキガ同様に治療することが可能です。

 

クリーム等で対策もできますが、授乳中は赤ちゃんの口に入ってしまうので危ないですよね。

 

ワキガと同様に、

 

  • 魚中心の和食にする
  •  

  • 脂質のとりすぎは控える

 

など食事を改善してみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

出産と同時にひどくなった場合にはホルモンが乱れているせいもありますので、しばらくすると軽減することもあります。

 

赤ちゃんからニオイがしても、赤ちゃんがワキガなのではなく、お母さんのチチガが考えられるのです。