ワキガ

ワキガは遺伝する!

 

ワキガは、親から子供へ遺伝します。

 

どのくらいの割合で遺伝するのかというと、

 

  • 片親がワキガの場合には50%
  •  

  • 両親がワキガの場合は80%

 

の割合で遺伝するのです。

 

 

 

ワキガはワキの下にあるアポクリン腺の数で決まるのですが、この数は生まれたときにすでに決まっているのです。

 

ワキガかどうか見極めるポイントの1つは、耳垢が湿っているかどうかということ。

 

ただ、耳垢が湿っていてもワキガではない人もいるので、1つの目安として覚えておいてくださいね。

 

 

 

自分がワキガかどうかいつわかるかというと、だいたい思春期のころです。

 

男性はヒゲが生えるころ、女性は生理の開始くらいに、性ホルモンの分泌が盛んになり、アポクリン腺が成長してワキガのニオイが発生してきます。

 

ただ、ホルモンの分泌が安定してくると、ニオイが収まる場合もあります。

 

 

 

なかには、

 

  • 20歳を超えてからワキガのニオイがしだす人
  •  

  • 出産してからニオいだす人

 

などもいるので、ワキガの発生には個人差があるのでしょう。

 

 

 

では、親から子にワキガが遺伝してしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

 

1つには、ワキガの手術を受ける方法があります。

 

これはアポクリン腺が成長しきってから受けないと再発してしまうので、20歳を超えてから受けることをおすすめします。

 

 

 

そして、お肉を食べるとワキガのニオイがきつくなりますので、魚を中心とした和食を食べるように心がけましょう。

 

梅干しも、ニオイ対策に良いんですよ。

 

また、通気性の良い服を着ることも大切です。

 

このように、ワキガ対策方法はいくつかあり、最近ではワキガ対策クリームも販売されていて人気があります。

 

 

 

ワキガは親から子へ遺伝してしまうので、もし自分の子がワキガになってしまった場合には申し訳ない気持ちにもなるでしょう。

 

ですが、対策方法もいろいろあるので、上手く活用していきたいですね。