ワキガ

ワキガって何科で診てもらえるの?

 

ワキガで病院に行きたい場合には、何科に行けばいいのでしょうか?

 

ワキガの治療で病院に行く場合は、

 

  • 皮膚科
  •  

  • 美容外科
  •  

  • 美容皮膚科
  •  

  • 形成外科

 

です。

 

 

 

なお、美容外科や形成外科は、主に手術でワキガを改善させようと考えるます。

 

なので、手術を考えているのではなかったり、子供のワキガが気になるのであれば、皮膚科がおすすめです。

 

皮膚科では、手術をしないで改善できる方法(食生活の改善)などを提案してくれます。

 

 

 

どのようにワキガと判断されるのかというと、

 

  • 両親がワキガ体質か?
  •  

  • 耳垢が湿っているか?

 

どの問診を受けます。

 

それから、においセンサーでニオイを判断したり、ワキにティッシュをしばらくはさんで、それを医師や看護師がかいで判断する方法もあります。

 

これでワキガ体質と判断されないと、手術を受けるとき保険適用外になってしまうこともあるんですよ。

 

 

 

ワキガの手術ですが、形成外科は保険がきくのですが、美容外科では「保険がきかない!」なんて場合もあります。

 

ですので、しっかり確認しておかないといけませんね。

 

他にも、ワキの一部を切開してアポクリン腺を見るという検査をする病院もありますが、この検査はごく一部の病院でしか行っていないようです。

 

 

 

ワキガで病院へいくなら、ワキガを専門にやっているようなところだと安心できます。

 

病院に行く前には、どんな治療法を実施しているのかなども事前に調べていったほうが良いでしょう。

 

また、病院に行く前にシャワーを浴びて清潔にしてしまうと、ありのままのワキのニオイが診断できなくなるので、行く前に清潔にするのは避けたほうがいいでしょう。

 

 

 

すそわきがでお悩みの場合には、婦人科でも大丈夫です。

 

おりものの検査をすることもあるので、皮膚科より婦人科の方がいいですね。

 

場所が場所だけに女医さんがいるところだと助かりますね。

 

 

 

このようにワキガで病院へ行く場合には、いくつかの科を選ぶことができます。

 

自分が手術をしたいか、その他の治療法を望むのかによって行くべき科は変わってくるので、自分でしっかり考えてから足を運びましょう。