ワキガ

食生活とワキガの深い関係

 

食生活とワキガのニオイには、深い関係があるのです。

 

遺伝が原因と言われているワキガですが、食生活でワキガを悪化させてしまうこともあるんですよ。

 

最近の日本では食生活が欧米化してきているので、ワキガのニオイがきつくなったという方も多くいます。

 

また、肉をたくさん食べる子供が増えたので、ワキガが低年齢化してきているんです。

 

 

 

ワキガのニオイを軽減させるには、体内を弱アルカリ性にして、活性酸素を抑えていくことが大切なのです。

 

体が酸化すると、汗のニオイがきつくなります。

 

それが雑菌により分解され強烈なニオイとなってしまうので、食事を見直して体内を弱アルカリ性にしていきましょう。

 

 

 

では、「どんな食事がいいのか?」というと、ズバリ和食です。

 

ニオイには、お肉より魚の方が良いのです。

 

 

 

他にも弱アルカリ性にする食材には、梅干し、こんにゃく、メカブ、酢、緑茶、野菜、大豆などがあります。

 

逆に、体を酸化させてしまう食べ物は、油、肉、ニラ、にんにく、コーヒーなどです。

 

ファーストフードやコンビニ食も、控えた方が良いでしょう。

 

 

 

他にも食事に関するポイントはいくつかあって、

 

  • 早食いをしない
  •  

  • 塩分をとりすぎない
  •  

  • よく噛んで食べる
  •  

  • 熱いものを食べない
  •  

  • 添加物を控える

 

などといったことも気を付けましょう。

 

 

 

なお、野菜を多く摂ることは、体を弱アルカリ性にするだけではなく、便秘改善にもつながります。

 

腸に老廃物が溜まるときついニオイを体から発する原因となるので、便秘対策もしていきたいですね!

 

 

 

ワキガ対策にはこのように体内を弱アルカリにする食事が大切なのですが、食事だけでワキガを治すことはできません。

 

完全にワキガを治すには手術をしてアポクリン腺を取り除かないとならないのですが、食事で多少はワキガを軽減することはできるのです。