ワキガ

何歳くらいになるとワキガ臭を発するようになるのか?

 

ワキガって、何歳になったらなるか知っていますか?

 

ワキガというのは、実は生まれたときにワキガ体質かそうではないかというのが決まっているのです。

 

ワキガの原因であるアポクリン腺の数は、生まれつきのものなんです。

 

 

 

でも、赤ちゃんや幼児の頃からワキガ臭がしている子っていないですよね?

 

では、何歳くらいになると、ワキガ臭を発するようになるのでしょうか?

 

 

 

一般的には、ホルモンが活発になる二次性徴期くらいにワキガのニオイがきつくなると言われています。

 

なので、女性は生理がはじまるころ、男性はヒゲが生えて声変りがするころです。

 

この時期にアポクリン腺が活発になるので、ニオイがきつくなるのです。

 

なお、20歳くらいまでアポクリン腺は成長していくので、 ワキガの手術はこの頃に受けるのではなく、20歳を過ぎてからがおすすめです。

 

 

 

ワキガは遺伝するので、「自分がワキガだと子供もワキガなのでは?」と不安になりますよね。

 

思春期にニオイがしださないとわからないのですが、いくつか見分けるポイントがあります。

 

  • 耳垢が湿っている
  •  

  • 服が黄ばむ
  •  

  • 汗がベトベトしている
  •  

  • 体毛が濃い

 

などといったことです。

 

 

 

ただし、思春期にワキガのニオイがしてこなくても、妊娠や出産をしてホルモンバランスが乱れたころになることもあります。

 

生活の変化やストレスでもアポクリン腺は活発になるので、そういった際にワキガのニオイがきつくなるという場合もあるのです。

 

 

 

もし、ワキガ臭がしだしてしまったら、運動をする、食生活を改善する、ストレスをためない、などのことでも対策できます。

 

その他にも、服を頻繁に着替えたりシャワーを浴びて清潔にすることも大切です。

 

 

 

ワキガ対策クリームもあるので、そういったものを活用するのもいいでしょう。

 

ワキガは、このように生まれつきニオイがするのではなく、ホルモンなどの変化によりニオイが発生してくるのです。