ワキガ

ワキガで服が黄ばむ原因と落とし方

 

ワキガ体質の悩みの1つに、洋服のワキの部分が黄ばんでしまうということがあります。

 

白い服だと、特にこの黄ばみが気になりますよね。

 

 

 

黄ばみの原因は、アポクリン腺から出る汗です。

 

アポクリン腺から出る汗には、

 

  • 脂質
  •  

  • 糖質
  •  

  • たんぱく質
  •  

  • 黄ばみの原因となるリポフスチン

 

などが含まれているので、洋服が黄ばんでしまうのです。

 

 

 

他にも、使用している制汗剤が自分に合っていないものだと、化学反応を起こして黄ばみを発生させることもあります。

 

また、エアコンの効いた部屋にずっといると、汗腺機能が低下してしまいます。

 

すると、エクリン腺からでてくる汗にミネラルや鉄分が混じり、色をつけてしまうこともあるんです。

 

汗腺機能が低下すると、汗がドロドロになり質の悪い汗に変わってしまいます。

 

 

 

では、このような原因で洋服が黄ばんでしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

 

黄ばみに効果があるのは、界面活性剤です。

 

界面活性剤配合の洗濯洗剤がドラックストアやスーパーにはあるので、見てみるか店員さんに確認してみると良いでしょう。

 

 

 

その他、シャンプーやメイク落とし、台所洗剤などで黄ばみが落ちる可能性もあるので、まずは試してみてください。

 

なお、お湯と重層でも落とすことができるので、まずは身近なもので黄ばみ落としを試してみることをおすすめします。

 

 

 

ちなみに、このワキの黄ばみですが、ワキガ体質ではない方でも起こるのです。

 

アポクリン腺ではなくエクリン腺から出る汗でも、黄ばみはできてしまうのです。

 

ただ、ワキガのほうの黄ばみは、遠くから見てもはっきりわかるほどの黄ばみなのです。

 

 

 

それに、ワキガは遺伝するものなので、自分の両親がワキガかどうかというのも自分がワキガ体質かどうか見極めるポイントになります。

 

ワキガではないのに黄ばんでしまうときには、腺機能の低下やストレスが溜まっていないかなどの理由を探ってみましょう。