ワキガ

運動後の気になるニオイってワキガなの?

 

ランニングなどをした後に、「あれ?ワキのニオイがする?もしかしてワキガかな?」と思ったことは、誰もが経験あるのではないでしょうか?

 

ですが、これはワキガ体質でなくても起こることで、運動をすると体温が上がり雑菌の繁殖が盛んになるので、雑巾のニオイのようなものが漂ってきます。

 

これは塩分と水分が原因なので、ワキガ臭とはまったく別のものなのです。

 

なお、ワキガ体質の方も、ランニングなどをすることで汗をかくので、ワキガのニオイがきつくなってしまいます。

 

 

 

「ニオイがするのがイヤだから、運動なんてしたくない!」というワキガ体質の方もいますよね。

 

しかし、実はランニングなどの運動をしたほうがワキガは改善されてくるんですよ。

 

なぜなら、運動することで体内の老廃物が外に出ていくので、身体の中はアルカリ性になっていくからです。

 

アルカリ性体質になると、ワキガの原因であるアポクリン腺からの汗も減ってくるのでワキガが軽減してくるのです。

 

食べ物も、梅干しなどのアルカリ性の物を食べると良いと言われていますが、運動をすることでもアルカリ性の身体にすることができるんですね。

 

 

 

また、運動不足になると質の悪いドロドロした汗をかくのですが、適度に運動をすることでサラサラの質の良い汗になってきます。

 

これはワキガ体質でなくても同じことが言えて、ワキガでもワキガでなくても運動不足になるとニオイやすくなってしまうんですよ。

 

 

 

ワキガの方もそうでない方も、ランニングなどの後にはニオイは気になるものです。

 

だからと言って運動をしないというのではなく、

 

  • 汗をタオルでふく
  •  

  • シャワーを浴びて着替える

 

などすることで、ニオイは軽減できるのです。

 

 

 

ランニングなどをしたほうがワキガ対策やニオイ対策になるので、誰にもニオイで迷惑をかけないように、早朝のランニングを習慣づけるのもいいでしょう。