ワキガ

ワキガに効果のあるお風呂の入り方

 

ワキガ予防には、お風呂の入り方が重要です。

 

そこで、ワキガの人はどのようにお風呂に入ればいいのかについて、お話したいと思います。

 

 

 

半身浴でしっかりとお風呂に入ると、出る汗の性質が変化してワキガの原因菌が住みにくい体質になります。

 

アルカリ性の汗は菌が繁殖しやすいのですが、普段からしっかり汗をかくと酸性の汗に変えることができるのです。

 

なお、入浴前に水分をとっておくと汗をかきやすくなるので、水分補給をしておきましょう。

 

 

 

また、お風呂に殺菌力のあるお酢を入れると、ワキガ菌も殺菌してくれるんですよ。

 

お酢は体臭を抑えるはたらきもあるので、ワキガ体質にはピッタリなのです。

 

 

 

重層風呂も、おすすめです。

 

重層風呂は、美肌効果やお風呂がキレイになるというメリットもあるのですが、ワキガの原因となる脂質とたんぱく質も分解してくれます。

 

重層は100均でも購入することができますので、試してみるといいでしょう。

 

「重層風呂で汗のニオイが減った!」という方がたくさんいるので、効果が期待できそうです。

 

 

 

ミョウバンも体臭予防薬として昔から使われているので、ミョウバン風呂もいいですね。

 

他にも、石鹸をワキガに効果のあるものに変えるという方法もあります。

 

柿渋石鹸、薬用石鹸、毛穴クリア用石鹸などが、ワキガには良いとされています。

 

 

 

洗い時にはあまりゴシゴシこすらないで、優しく洗うといいんですよ。

 

ゴシゴシしてお肌を傷つけてしまうと、そこにワキガ菌が住みつきやすくなってしまうからです。

 

 

 

湯船にしっかりつかって、身体を洗いワキガ対策を行いましょう。

 

1日の終わりにお風呂にしっかり入って汚れを落とし、ワキガのニオイ対策もしておきましょう。

 

可能ならば朝も柿渋石鹸、薬用石鹸、毛穴クリア用石鹸で体を洗うと、より一層ワキガ対策効果が発揮できることでしょう。