ワキガ

タバコやお酒はワキガを悪化させるの?

 

タバコやお酒は、ワキガのニオイを強くしてしまうということを、知っていますか?

 

 

 

タバコのニコチンは汗腺を刺激するはたらきがあるので、アポクリン腺やエクリン腺を刺激するのです。

 

タバコのニオイってくさいので、ワキガ臭と混ざったら大変なことになりますよね。

 

 

 

ですが、それだけではなく、汗を多く出すようになってしまいます。

 

暑くないのに出るタバコを吸った後の汗は、体にいいのもではありません。

 

 

 

タバコが汗腺を刺激するのは、1日に20本以上タバコを吸った時で、10本程度では問題はないと言われています。

 

なお、タバコによりニコチン量が違いますが、ニコチンの量が多い少ないにかかわらず、ニコチンが体に入ってきているという状態がよくないのです。

 

 

 

タバコのニオイって手や体に染みつくので、喫煙者に近づくだけで臭いんですよね…。

 

そのニオイとワキガが混ざったら…。

 

考えただけでも恐ろしいです。

 

ちなみに、タバコのニオイを消すガムやタブレットを使っても、体の中から出てくるニオイには意味がありません。

 

 

 

では、お酒とワキガの関係はどうなのでしょうか?

 

お酒を1〜2杯飲む程度では何の問題もないのですが、毎日たくさん飲んでいると汗をかきやすくなります。

 

そして、血液にアルコール成分が溶け込み汗と一緒に出てくるので、ワキガとニオイが混ざるのです。

 

 

 

お酒を飲むと体が熱くなりますが、これはお酒がすぐに熱に変わるからです。

 

その熱を下げるため汗をかくようになるので、アポクリン腺からの汗も増えます。

 

 

 

このような原因で、「タバコとお酒はワキガには良くない、悪化させてしまう」と言われているのです。

 

ワキガを改善したいのであれば、タバコとお酒を控えた方がいいでしょう。

 

特に、タバコは百害あって一利なし!

 

なので、体のため、ワキガのためにも、一度見直してみるのはいかがでしょうか?